サイトコンテンツについて

Amazonでレビューを書くと、要審査の商品と、無審査で通る商品があり、なぜか、この商品は無審査でレビューが載るみたい。Amazonも空気読んでるのかな。

で、高音質カード?アホか。

著作「「ピケティの資産課税」に賛同する7つの理由」のアマゾンにおける無料配布が開始されたら、ダウンロードが増え始めました。無料化初日は午後からだったので40そこそこでしたが、昨日は135になりました。累計170くらい。このまま伸び続けるとは思えませんが、本のジャンルがジャンルだけに、良い方かなと思ったりします。おかげさまで無料ランキングが20位以内(16位)まで上昇しました。そうなるとランキングの最初のページに表示されるので、露出が増えると思います。

問題は、この著作の内容をみなさながどこまで「面白い」と思っていただけるかですね。本編のサイトを紹介してあるので、そちらのアクセスが伸びれば「反響アリ」と思うのですが・・・ほとんど目立った変化ありませんね。これからですかね。第二作目はおよそ構成を考え終わって、書き始めたところです。4月中には出したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>